AFFLUENZA 定広美香ブログ

漫画家・定広美香のお仕事情報&近況&雑談

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかね~

グチ
こんなこたぁ言いたかないし黙ってるのが大人なんだろうけど・・・・
「院内感染」のCDまだ貰ってません。
発売されて一週間以上になるのに・・・一週間前にいただけるのが普通だと思ってましたが
忘れられてるのかね~・・・。
確かに「いったん他人の手にお渡ししたものなのでお任せする」とは言ったし
いろいろ粗相もあったし(苦笑)収録もろくに立ち会わなかったけれどね。
原作者が出来を聴いてないのでレビューであーだこーだ言われても
「何の話し?」って感じです。
こうなったら持久戦(?)だ。このまま放っておくとしますかね。
どうしても聴きたくなったらオークションで落札するし笑


今、小学館と作家の間でいろいろもめてるそうだが・・・
両者に信頼関係さえあれば回避できた問題は沢山あります。
私は昔気質の編集人を知ってるギリギリの世代なので
正直、今の編集さんと漫画家のあり方にとても失望してる。
あまりのコミュニケーション不足(そうでない人もいるんだろうけど)で
踏み込んだ会話をしたがらないマニュアル化した編集人。
細かい点は事後承諾って事もしばしば。
原稿の受け渡しが宅配便になった時は唖然とした。
紛失したらどうすんだ!とか当時は心配したものだ。
お休みの日に自宅にネームのFAXしてはダメですか?
要領の悪い作家の都合に巻き込まれたくありませんか。
仕事を自宅に持ち込みたくないのは分からないでもないが
そういうところでその人の仕事に対する情熱とか真剣みが量りとれる。
ある漫画家さんに「編集に期待しちゃいけない」と言われた事がある。
私が考えてた編集人像は
「共にいいものを作ってゆく同志であり、がむしゃらに走ってる作家を
気持ちよく走らせるためにサポートする頼れる存在」だった。
事実そういう編集人の下で走った事もあり、しんどかったけど
すごく楽しかったんだ。
そう、昔の編集さんには「創作者」の匂いがした。

別に多くは望みません・・・だからせめて
作家のモチベーションを下げるのだけはやめて欲しい。
これにつきます!
締め切りをろくに守らない私が何を言おうが勝手な言い分になちゃうけどね笑汗

世の中コミュニケーションするだけの「ゆとり」も無くなったってことか。
だよな~。またバーサンの昔話になっちゃうけど、数年前の担当達は
原稿もらえるまで一晩中居座ってた(そんなに待たせんなって)その間
サウナに行った奴もいたが(笑)修羅場中何日も風呂に入ってない女子の中
ひとりだけこざっぱりした編集人・・・・・。
疲れてる作家とそのアシちゃんズのモチベーションをあげるために
着ぐるみで現れて笑いをとる愛すべきアホ担当~。
食事を作る間もない我々のためにパスタ料理作ってくれた担当さん。
休日に取材がてらクラブに遊びに連れてってくれたり~。
なんだろね?昔の担当さん達には思い出がいっぱいあるのに。
他の仕事とブッキングしちゃって居留守使いながらまるで
アンネの日記さながらに息をひそめて皆で原稿描いてた時
ずっと外で張ってた他社の担当が、マンションの住人に
「不審者がいる」と通報されて警察に職務質問された(ヒデー・・・・)
という負の思い出もあるが・・・笑汗
中にはプレッシャーや納得いかない注文をかけてきて
私が逃亡してしまった事もあったけど(あれは辛かった~・・・)
そんな担当でもコミュニケーションがあったおかげでそれほど
憎まずにすんだ(笑)
コミュニケーションとは、その人の事を理解する重要ツール。
元気のない定広と休日に6時間も電話でバカ話してくれた担当さんは
今の出版業界のあり方に嫌気がさして編集人を辞めた。
その人は会ったその日から作家を「おまえ」よばわりするよーな
時に人としてどうなんだ?と思わせる、でも編集人としてはいい担当さんだった。
私の知るいい編集人(コミュニケーションも仕事もできる)は近年辞める人が多い。
残念なご時世だ。
真夜中に電話口でキーボードたたいて曲当てクイズをした編集人はもういない。














Newer Entry蛍の光 Older Entryああ、素晴しき映画人生に乾杯!

Comments


『仕事』に対する温度差は、現代日本社会全般に言える根深い問題とされています。『ゲーム脳』という言葉が浸透し始めた頃から、デジタル化した思考の人が社会に出てきてしまい、それ以前の大人との間にギャップが生じました。今、やーっと1部の大人たちが問題点(ニートって。。。)に気づき、教育の基本から見直されようとしています(ちょっと遅かったかも)。過渡期に生きる私たちには気が遠くなるよーな話ですし、『お仕事』頑張ってた元の日本に戻るかどーかも判りませんが、でも、マイノリティになりつつ会社でウザがられつつも、熱い『創作人』はあちらこちらで頑張ってますよ!! 人間て、メンタル的には神話の時代からさほど進化してない動物ですから、まだまだ捨てたもんじゃないと、信じてます(^-^)/☆ 『君子危うきに近寄らず』。。。不愉快な人や事象には、気持ちを大きく持って、サラーッとお付き合いしとくほうが、ご自分の人生の(ホントに)貴重な時間と労力の得ですよ☆ それでもムカムカしたときは、ココでグチや悪口をバリバリ書いちゃって、スッキリして、美味しいモノ召し上がって、楽しいお酒頂いて、グッスリお休みになって、そしてまた、素ッ晴らしい作品を世に送り出してください!! 先生ガンバレー(^-^)v

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
な、懐かしい・・・・っす
 クリムトさんの絵を窓枠に嵌め、光が外に漏れるのを防ぎつつ居留守で描いた、アンネっつーより灯火管制な日々。私が行った、他のどのセンセーんとこよりスリリングで濃密な関係でしたねそーいえば。


 

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

mika

Author:mika
定広美香
Mika Sadahiro
漫画家
蟹座のB型
大阪出身、横浜在住

Flashカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

同人誌通販入口
通販御希望の方はリンクからお入りください

FC2カウンター
ブログ翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。