AFFLUENZA 定広美香ブログ

漫画家・定広美香のお仕事情報&近況&雑談

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はチラ見せ無し。

日記
仕事は三日前に終わったんだけど、しばしまったりしてたので今頃更新。
今月25日頃発売「BOYSピアス」掲載、『胸に棘刺す事ばかり』の後編。
今回写真を撮るタイミングを逃したため恒例の原稿チラ見せはありません。
代わりにニャンズのツーショットを御覧下さい。
ニャンズ

ラッタちゃんはボブテールのスコなのでシータと比べるとなんだかみじめ...
ってゆーか、そこがまた愛しいのだ。

仕事明けにまずした事。
ずっと観たかった映画『ホテル・ルワンダ』を鑑賞するための復習に
イマキュレー・イリバギザさんの『生かされて。』を再読。
生かされて。生かされて。
(2006/10/06)
イマキュレー・イリバギザスティーヴ・アーウィン

商品詳細を見る

今からほんの13年前にルワンダで起こった信じられないようなジェノサイド。
当時日本のニュース番組でもわずかに流れてたので、御存知の方もいるでしょう。
フツ族によるツチ族の大虐殺本はいくつかありますが、イマキュレーさんの本が
読み物的に一番秀作だと思います。
ルワンダの民族の歴史、事件の流れが分かりやすく描かれ
読者は主人公と共に臨場感を持って知り、体験する事になります。
どうしょうもない困難を乗り越えようとしてる人や
大事な存在を失ってしまった人に是非読んでほしい実話です。
読んでみたい方は是非、古本やオークションではなく書店で購入して下さい。
印税の一部はアフリカの子供達への基金に使われるので、是非。
(素晴しい本を手に入れ、かつ募金もできる一石二鳥!)
———で、観ました『ホテル・ルワンダ』。
フツ族の高級ホテル支配人(奥さんがツチ族)が大勢のツチ族を助ける
ルワンダ版シンドラーのリストでこれも実話です。
視点がわりとハイソなせいかちょっと安心して観れました。
今年の春に観た『ルワンダの涙』も実話ですが、こちらは救われません。
残酷度リアルな点ではこちらが上です。それでも実際よりはかなり柔らかく
作られてるのでしょう。制作スタッフに生き残ったツチの人達が参加
してるのも感動させられます。(まだ20代前半の若者達だよ。)
秋の夜長、たまにはこんなドキュメンタリーを読む、観るのはいかがでしょうか?


同人誌通販の発送は月曜日になります。もうしばらくお待ち下さい。
コメントやメールありがとう!また感想聞かせて下さいね。
Newer Entryイルカにタッチ! Older Entry只今原稿中2

Comments



 

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

mika

Author:mika
定広美香
Mika Sadahiro
漫画家
蟹座のB型
大阪出身、横浜在住

Flashカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

同人誌通販入口
通販御希望の方はリンクからお入りください

FC2カウンター
ブログ翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。