AFFLUENZA 定広美香ブログ

漫画家・定広美香のお仕事情報&近況&雑談

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日発売BOYSピアスに描きました。

お知らせ
大衆演劇女形物(?)「ヤバイ目で見ンなよ!」の後編32p描きました。
定広のティーンエイジャーカプは、ひょっとして最後かもしれんよ。
今回もBGMは演歌♪
前回は五木ひろしの「契り」だったけど、今回は石川さゆり「飢餓海峡」です!
一つ前の日記の「はなれ瞽女おりん」の原作者、水上勉さんが書かれた小説
「飢餓海峡」がモチーフのこの曲、石川さゆりさんの歌では
「天城越え」の次に好きです。
「おりん瞽女うた」も、魂が揺さぶられるような曲で、
この3曲は作画中、ヘビロテだった。
でもまあ、漫画はさほど舞台のシーンは無いんだけど。ラブシーンばっかで。
着物は楽しんで描きました♪下絵チラ見せ↓
DSC04430.jpg
産気さんが知りたかったのは、このアングルかい?

作中、銀ちゃんが踊ったのはこの曲です。「ちり紙」ってとこが好き~。

「連れてって~」の、さゆりさんの情念こもった表情がたまりません。

またいつか、銀ちゃん描くと思います。

スポンサーサイト

大人の人形劇

日記
人形劇俳優、たいらじょうさんの「はなれ瞽女おりん」を観に行きました。

最近、瞽女さんにとても興味を持っていて、いつか描いてみたいとも思っているんですよ。

瞽女とは、三味線を携え農村・山村を巡る盲目の女性遊行芸人のことで、
昭和30年代頃まで新潟を中心に活動されてましたが、
二次大戦後は徐々に姿を消していき、現代に瞽女はいません。
しかし、瞽女唄は幾人かの晴眼者に受け継がれ、今に伝えられています。
「はなれ瞽女おりん」は水上勉さんの有名な小説で、かつて映画やドラマにもなりました。
<ストーリー>
時代は明治末期~大正中期。
3歳で全盲になった主人公おりんは、6歳から三味線などの芸事を仕込まれ
瞽女として生きていくことになる。
瞽女は盲目の女性たちが一座を組み旅回りをするが、そこには掟があり、
男と交われば「落とされる」のだ。
おりんは、ある晩、瞽女宿の若い衆に手篭めにされたことで、座を追い出され
「はなれ瞽女」として一人旅を強いられることになる。
大正七年、おりんは、破れ阿弥陀堂で一人の優しい男(平太郎)と出会った。
翌日から、平太郎の手引きで、廃寺の縁の下や地蔵堂を泊り歩く二人の奇妙な旅が始まる。
下駄職人を装い行商して歩く平太郎は、実はシベリア出兵を拒否した脱走兵で、
捕われれば死刑の身だった。
そうとは知らず、おりんは平太郎を兄のように慕って一緒に旅を続けるのだが・・・・・。

あとは、ネタバレになるので興味のある方は独自調べてみてください。

切ないのは、男性としての平太郎を想い、何度も抱いて欲しいと懇願しても
あくまでおりんを妹として、あるいは、菩薩として大切に接してるストイックな平太郎と
女の業を持つ、おりんの関係。
身体の契りがない、男と女の愛があるのだと、おりんは知る。
2人は最後まで「兄と妹」を貫く・・・・本当に美しくも切ない絆に心打たれます。

「これを人形劇に!?」いったいどんな感じになるのかしら~興味津々。
人形と、たいらじょうさんの演技を織り交ぜて進行する、見たこともない世界観&演出で
たいらじょうさんの一人舞台(人形を操りながらの)だけど、各登場人物の演じ分けが凄い。
人形独特のエロチズムも相俟って、おりんの可憐さ&色香を見事に表現されてました。
千切った新聞紙だけのシンプルなセットも観客のイマジネーションを引き出す演出なのか
それが、厳しい越後の雪に、荒々しい日本海の波に、春の桜、秋には落葉にと
四季を表現するのにとても効果的に使われてて驚きでした。
たいらじょう(平常)さんは脚本、演出、美術、作曲の全てをこなされていて
もちろん人形も全て彼の手作り。
DSC04429.jpg
年代別の、おりんちゃん。可愛くて色っぽいです。

11月には私の好きな寺山修司「毛皮のマリー」(これを人形劇に!?またビックリ)
観に行く予定です。期待大!!!
今度は「身毒丸」のチケットみたく、仕事が押して行けなくて、破り捨てるハメにならないよう・・・が・・頑張る

久々のオフ♪

着物中毒
着物中毒メンバーでプチオフ会しました。
根津の弥生美術館で高畠華宵&竹久夢二を鑑賞→根津~谷中散策→神田おでん屋のコース。

当日の私のいでたち。扇子と草履以外全部、栗本先生の形見分けでいただいた物。
残暑がきびしかったけど、9月だしちょっと秋を意識した色味でコーデ。
DSC04422.jpg
偶然にも、うちのラッタちゃん激似のにゃんこ帯。(作り帯なので楽チン装着♪)
DSC04424.jpg
根津のアンティーク着物のお店でゲットした戦利品。
とってもポップな雨コート&爪掛け!雨の日にお出掛けしたくなる可愛さです♪
DSC04426.jpg
素敵なアンティークの昼夜帯。個性的なのになんにでも合わせやすい万能柄!
DSC04427.jpg
谷中は前々から行きたかった場所。着物散歩が似合う東京下町。
今回は時間が無くてあまり回れなかった(写真もとれなかった)ので
またあらためてじっくり散策したいなぁ。
芸大が近くにあるせいか、アートな雑貨屋さんがたくさんある。
古い民家の中を改造してカフェとか。
一緒に行ったメンバーは浴衣だったけど、下町には夏&浴衣が似合うな~。
楽しかった!また行こう♪

こんな日は「イマジン」が聴きたい。

NY旅
ウォールストリート周辺を歩いてて、こんなものを見つけた。
DSC00835.jpg
DSC00834.jpg
2010年クリスマスのグラウンド・ゼロ。
DSC00811.jpg
別の日、クリストファーストリートを歩いてて、こんなものを見つけた。
DSC01565.jpg
DSC01564.jpg
DSC01563.jpg
DSC01562.jpg
DSC01560.jpg
あの日から今日で10年目。

そして、東日本大震災から今日で半年です。

« »

09 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

mika

Author:mika
定広美香
Mika Sadahiro
漫画家
蟹座のB型
大阪出身、横浜在住

Flashカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

同人誌通販入口
通販御希望の方はリンクからお入りください

FC2カウンター
ブログ翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。